魔女のハーブ&アロマ&ハロウィンショップ@千葉県浦安市*精油(エッセンシャルオイル)やハーブティー、ハロウィングッズの販売店

Mentha piperita

ペパーミント
ペパーミント

すっきりとした香りのあるハーブです。
共によく使われるミントであるスペアミントと比べると強い清涼感があります。
交雑しやすいので、たくさんの品種があります。
頭をすっきりさせるほか、胃腸の不調にも役立ちます。

英名 : peppermint
和名 : 西洋薄荷、胡椒薄荷
シソ科Lamiaceae ハッカ属Mentha
学名 : Mentha x piperita L.

Mentha…希神話に登場する草に姿を変えられたMentheなどに由来
x…交雑種
piperita…梵語の穀粒、希語の胡椒などに由来
L.…命名者カール・フォン・リンネ

主産地:インド、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、アフリカ

精油(エッセンシャルオイル)

対象商品

  • 香り
    • ハーブ系
      • 柑橘系、樹木系の香りとブレンドすると相性が良いと言われています
    • トップノート
      • 香りの立ちが早く持続時間が短い香り
    • ブレンドファクター 1
      • 数値が小さいほど強い香り(12段階)
  • 抽出部位
    • 全草(土出部、地上部、植物全体、葉・花の先端部、葉、花穂)
  • 抽出方法
    • 水蒸気蒸留法
  • 主成分
    • l-メントール、l-メントン、1,8-シネオール、イソメントン、プレゴン、ネオメントール、ゲルマクレンD、メンチルアセテート、リモネン、β-カリオフィレン、β-ピネン
  • 効果が期待できる作用
    • 上から、多くの本に書かれていた作用、の順です。
      • 医薬品・医薬部外品・化粧品ではありません。詳しくは専門の医師にご相談ください。
    • 消化促進
      • 胃腸の消化活動を高め、食欲を増進させる働きのこと
    • 鎮痛
      • 痛みを和らげる働きのこと
    • 殺菌
      • バクテリアなどの細菌を殺す働きのこと
    • 駆風
      • 腸内に溜まったガスの排出を促す働きのこと
    • 去痰
      • 痰の排出を促し、痰を切る働きのこと
    • 鎮痙
      • 筋肉の緊張をゆるめ、けいれんを鎮めたり、けいれん性の痛みやこむらがえりなどを和らげたりする働きのこと
    • 抗炎症
      • 炎症を鎮める働きのこと
    • 解熱
      • 体を冷却させ、高い体温を低下させる
    • 消毒
      • 組織の変質を防ぎ、感染を抑止する
    • 刺激
      • 心や体の活動を刺激し、全体または特定の器官の活動やエネルギーを増進させる働きのこと
    • 収斂
      • 皮膚を引き締める働きのこと
    • 抗ウイルス
      • ウイルスの増殖を抑制する働きのこと
    • 強壮
      • 身体の各部や全身に働きかけ、機能を活性化したり、強化したりする働きのこと
    • 通経
      • 月経を起こす
    • 発汗
      • 汗の出を促す
    • 頭脳明晰
      • 頭脳を刺激し、明晰にする
    • 抗真菌
      • カビの一種である真菌の増殖を抑制する働きのこと
    • 麻酔
      • 一時的に感覚を失わせる
    • 消臭
      • においを消す
    • 冷却
      • 熱をもった部分を冷ます
    • 強心
      • 心臓を刺激し活力を与える
    • 止痒
      • かゆみを止める
    • 神経強壮
      • 神経系のはたらきを強め活性する
    • 制吐
      • 吐き気を押さえる
    • 強肝
      • 肝臓で作られる消化液である胆汁の分泌を促す
    • 血圧上昇
      • 血圧を上昇させる働きがある

芳香蒸留水(ハーブウォーター、ハイドロゾル)

対象商品

  • pH
    • 5.7
  • 抽出部位
    • 全草(土出部、地上部、植物全体、葉・花の先端部、葉、花穂)
  • 抽出方法
    • 水蒸気蒸留法
  • 主成分
    • l-メントール、l-メントン、1,8-シネオール、イソメントン、プレゴン、テルピネン-4-オール、ピぺリトン、α-テルピネオール
  • 効果が期待できる作用
    • 上から、多くの本に書かれていた作用、の順です。
      • 医薬品・医薬部外品・化粧品ではありません。詳しくは専門の医師にご相談ください。
    • 鎮静
      • 神経系を鎮め、心と身体の働きをリラックスさせる働きのこと
    • 抗炎症
      • 炎症を鎮める働きのこと
    • 鎮痙
      • 筋肉の緊張をゆるめ、けいれんを鎮めたり、けいれん性の痛みやこむらがえりなどを和らげたりする働きのこと
    • 鎮痛
      • 痛みを和らげる働きのこと
    • 去痰
      • 痰の排出を促し、痰を切る働きのこと
    • 胆汁分泌
      • 胆汁の分泌を促進させる働きのこと
    • 抗菌
      • 細菌の増殖を抑制する働きのこと
    • 鎮咳
      • せきを鎮める
    • 冷却
      • 熱をもった部分を冷ます

ハーブティー

対象商品

  • 飲み方
    • シングル、ブレンド
  • 使用部位
    • 葉、茎
      • ドライ、フレッシュ
  • 抽出時間
  • 主成分
    • 精油、フラボノイド、タンニン、苦味質
  • 効果が期待できる作用
    • 上から、多くの本に書かれていた作用、の順です。
      • 医薬品・医薬部外品・化粧品ではありません。詳しくは専門の医師にご相談ください。
    • 鎮痙
      • 筋肉の緊張をゆるめ、けいれんを鎮めたり、けいれん性の痛みやこむらがえりなどを和らげたりする働きのこと
    • 殺菌
      • バクテリアなどの細菌を殺す働きのこと
    • 発汗
      • 汗の出を促す
    • 刺激
      • 心や体の活動を刺激し、全体または特定の器官の活動やエネルギーを増進させる働きのこと
    • 消化促進
      • 胃腸の消化活動を高め、食欲を増進させる働きのこと
    • 鎮痛
      • 痛みを和らげる働きのこと
    • 収斂
      • 皮膚を引き締める働きのこと
    • 強壮
      • 身体の各部や全身に働きかけ、機能を活性化したり、強化したりする働きのこと
    • 鎮静
      • 神経系を鎮め、心と身体の働きをリラックスさせる働きのこと
    • 制吐
      • 吐き気を押さえる
    • うっ滞除去
      • 水分が貯留しているのを除去する働き
    • 利尿
      • 尿の排せつを促進する働き



ギリシャ神話の、
冥府に流れる5つの川のひとつ、嘆きの川・コキュートス。
ここに棲むニンフ(下級女神・精霊)のメンテ。
冥王ハデスはメンテの美しさに心奪われ恋をしてしまいます。
それに気付き怒ったハデスの妻・ペルセポネはメンテを踏みつけ呪いをかけ、メンテは草に変えられてしまいます。
それを憐れんだハデスは彼女を芳香を放つミントへ変え、
ミントは神殿の庭で咲き誇り続け、芳香を放ち自分の居場所を知らせるようになったとされます。

また、
攫われて妻となったペルセポネが、同じく攫われそうになっているメンテを、香りの良い小さな草に変えて茂みに隠してやったというお話しや、
ペルセポネが妻となる前に、メンテはハデスに愛されており、嫉妬に狂ったメンテがペルセポネに怒りの言葉を浴びせ、その言葉がペルセポネの母・デメテルの怒りを買い、メンテはデメテルに踏み潰され草に変えられてしまったというお話しもあります。
round,Menthe
Illustration by 宇宙きゃめる*滝エレキテル 様

ところで豊穣の女神であるデメテルの娘・ペルセポネはハデスに攫われて妻になったわけですが、その経緯で1年の3分の1を冥府で暮らします。
地上の植物の枯死…つまり冬を意味します。
そして誘拐…もとい略奪婚のような行為ですが、ハデスは兄弟での支配領域分割で貧乏くじを引き冥王になったという経緯もあり、
そしてデメテルが「ハデスが誘拐なんてするとは信じられない」と言うとされるお話しもあることから、兄弟のゼウスによる陰謀説もあります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional